明星大学経営学部

TOP > 就職・資格 > 卒業生インタビュー > 菅沼 海斗さん

卒業生インタビュー

Interview

苦手から目をそらさず、克服する工夫と努力が実を結びました

2021年3月卒業
菅沼 海斗さん
就職先:株式会社ベストブライダル

印象的な授業またはプログラムを教えてください。

高校3年生の時に友人に紹介されて、ブライダルの配膳サービスのアルバイトをしていました。お客様が喜ぶ様子を間近に見て、サービスの楽しさを知り、「観光・ブライダルコース」のある本学で、サービス業の知識やスキルを修得したいと思いました。
入学して良かった点が2つあり、一つは授業内でグループワークの機会が多いことです。一人ひとりの考え方の違いを認めつつ、まとめるためのコミュニケーション力など、さまざまなことを学びました。就職試験におけるグループワークでは、その学びが活かすことができ「やっておいてよかった!」と、心底思いました。
2つめは、児玉桜代里先生のゼミナールに所属したことです。課外授業でテーマパークに併設されているホテルや航空会社へ出向き、スタッフとお話できました。さまざまな職場に実際に行くことで分かる、会社の雰囲気やスタッフの方々の考え方など、楽しく学ぶことができました。また、3年次の夏休みに合計2週間のインターンシップに参加することが必須でした。内定先のインターンシップに参加したことをきっかけに、人事担当の方から声をかけていただき、スムーズに就活に進んだことは、収穫でした。

就職活動を振り返ってみていかがですか?

3年次にサービスマインドを養う「サービス接遇検定」の準2級を取得しました。また、ゼミで履歴書を添削してもらい、何度も書き直すことを繰り返しました。もともと字が汚くとても苦労しました。同様に自分に課したのが、面接対策です。1つの企業に対して志望理由を3つ挙げること、自己PR、その企業で自分は10年後にどうありたいかなどを考え、スマホのメモに打ち込み頭に叩き込んでいました。

これから明星大学に入ってくる後輩にアドバイスを!

自分の苦手な部分を客観的に把握して、克服するためにどうするかがポイントだと思います。私は苦手なところだらけだったので、人よりも早く就活に取り組むしかないと考え、3年次6月から就活を本格的にスタートさせました。
幸いにも第一志望の会社の内定を得たので、この4年間で学び、身に付けた、自分の強みである包容力やコミュニケーション能力を活かし、「新郎新婦様やご家族様がこの人なら任せられる」と安心していただけるような、サービスキャプテン(式当日のリーダー、進行役)になりたいと考えています。