明星大学経営学部

TOP > 学部紹介 > コース紹介 > 多摩ブランド創生コース

多摩ブランド創生コース

Courses

地域を活性化するための
施策を学ぶ

多摩地区を舞台に、地域の活性化や地域住民の生活満足の向上に向けた施策などについて学びます。
地元を元気にしたい、人々の生活をより良くしたいという意欲のある人に向いたコースです。

どんな授業か(目的)

多摩地域の社会問題を解決するための手法として、マーケティング理論を元に、地域ブランド開発やコンテンツツーリズムの考え方を活用し、現実の社会問題について、産業や観光の振興から捉える。地域資源の活用を巡る現状と問題点を理解し、その原因について深く考察する問題発見の能力を高めると同時に、「地域ブランド」「商業・サービス」「コンテンツ」を切り口に実践的な問題解決能力を身につける。

授業の特色1地域創生の先進事例を現場担当者から紹介する

①カクテル倶楽部のまち 宇都宮カクテルの開発事例

「宇都宮」といえば、「餃子」の一般的なイメージ。でも餃子だけでは単価が低く観光・宿泊客は増えない。そこで、餃子に代わる新たな観光資源を発掘。それが「宇都宮カクテル」。
カクテル倶楽部のまち 宇都宮カクテルの開発事例

②小江戸で観光誘致 川越の小江戸商店街の事例

川越市には年間650万人以上の観光客が訪れる。その多くが「一番街」というメイン通りだけを回遊。近隣には多くのシャッター商店街が点在する。そこで、各商店街が独自の工夫で活性化をプロデュース。
小江戸で観光誘致 川越の小江戸商店街の事例

③立川はなぜ壊されたいのか アニメ聖地巡礼の誘致

立川市はアニメの舞台となって好んで街が破壊されている。「とある科学の超電磁砲」を契機に、とあるシリーズの人気から街の巡礼マップを作成して配布。その後に関連イベントを開催して今や全国、海外から作品のファンが来訪する。
立川はなぜ壊されたいのか アニメ聖地巡礼の誘致

④多摩最古のビール復活! 日野市の産業振興の取り組み

多摩地域には、100年以上前にオリジナルのビールがあったのをご存知ですか?
発掘調査と蔵の調査をきっかけに、TOYODA BEERの復刻が実現して日野市と地域の活性化が進行中。
多摩最古のビール復活! 日野市の産業振興の取り組み

⑤女子力を生かせ!女性起業家による地域活性化の事例


地方の商材をかわいくプロデュースする。大手エレクトロニクスメーカーの女子社員が 女子目線で地域を活性化! 日本酒や焼酎、和菓子など女性起業家がプロデュースする地域ブランド商品を紹介する。
女子力を生かせ!女性起業家による地域活性化の事例

授業の特色2学生がチームを作り、地域の現場視察と
聞きとりを行い、提言を行う

学生がチームを作り、地域の現場視察と聞きとりを行い、提言を行う。

  1. 地域ブランド開発の現状と課題
  2. 商店街・観光サービス振興の現状と課題
  3. コンテンツの開発可能性

これら3つのテーマから地域資源を活用した政策を日野市へ提案する。現地視察と取材を経て地域資源活用の現状と社会問題を発見する。

卒論テーマの例

地域ブランドの開発と地域活性化の研究

アニメツーリズムと地域活性化の研究

アパレル企業の競争力比較