明星大学経営学部

TOP > 就職・資格 > 卒業生インタビュー > 松浦 優美子さん

卒業生インタビュー

Interview

先生方の熱意が、真剣に将来を考えるきっかけになりました

2021年3月卒業
松浦 優美子さん
就職先:住友不動産ヴィラフォンテーヌ

印象的な授業またはプログラムを教えてください。

入学当初は、とくに就職について考えていませんでした。いつかはやりたいことが見えてくるだろうと思いつつも、なかなか行動に移せませんでした。しかし、学部のキャリア授業で、学生よりも危機感を持っている先生方を見て驚きました。全員を志望通りに就職させようという熱意があふれ、その姿を見たことがきっかけで火が付き、自分と向き合い、真剣に将来について深く考えるようになりました。旅行が好きで「観光・ブライダルコース」を選択したことや、学生時代のカフェや雑貨店でのアルバイトや趣味について振り返り、人と関わることを仕事にして、その方たちを幸せにできる職業に就きたいと考えるようになりました。

就職活動を振り返ってみていかがですか?

就活で必要なビジネスマナーや履歴書の書き方などを、所属ゼミナールの児玉桜代里先生やキャリアセンターの先生方から学びました。
高校時代の部活はハンドボール部だったので大学でも続けたかったけれど、本学には女子ハンドボール部はありません。1年次に同級生3人とハンドボール部を創部。体育会として承認されるための困難な道のりも、先生方の支援をいただきながら、大会実績を積み上げ、叶った時は、本当にうれしかったです。何もないところから創り上げ、メンバーとともに楽しく盛り上げてきた活動は、私にとって履歴書に記載できる自己PRであり、ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)です。しっかりと伝わるよう、先生方に何度も添削していただきました。

これから明星大学に入ってくる後輩にアドバイスを!

経営学部の先生方は、学生一人ひとりを手厚く支援してくれます。私は、先生方の熱意が自分自身の大きな変化につながり、希望していた会社に就職することができました。
受験生の皆さんには、人生は一度きりだから、悔いのないように伸び伸びと学生時代を過ごしてほしいと、声を大にして言いたいですね。自分のやりたいことに突き進んでいけば、きっと将来の道が見えてくると思います。