明星大学経営学部

TOP > 教員紹介 > 学科主任・教授 谷井 良

学科主任・教授 谷井 良

Ryo Tanii

教員一覧

学科主任・教授 谷井 良 メールアドレス:ryo.tanii@meisei-u.ac.jp
@は半角に書き換えてください
オフィスアワー:木曜3限

専門分野

ベンチャービジネス論、アントレプレナーシップ論、イノベーション論

担当科目

アントレプレナーシップ論、起業マネジメント論、ビジネスモデル構築、ビジネスプランニング、経営基礎、ゼミナール、卒業研究

主な担当科目の紹介

アントレプレナーシップ論 ベンチャー企業が果たす社会的役割は年々増大し、注目度も高まっています。ベンチャーとは本来、冒険、危険な試み、賭けという意味であり、起業家がその成否を握っています。そこで、本講義ではベンチャー企業を成功に導く起業家の精神と能力(発想力、分析力、企画力、伝達力)について学びます。

ビジネスプラニング 本講義はビジネスプラン構築をテーマとして展開します。ビジネスプランとは、起業機会を追求し、それを具現化する方法を明文化したものです。チームでビジネスプランの作成作業を行い、最後には作成したプランの発表会をコンテスト形式で行うことにより、ビジネスプラン構築の能力を養います。


教員からのメッセージ

時代は急速に変化します。今、世の中で求められているのは、新しいものを創造する力です。起業するにしろ、会社の中で働くにせよ、新たなビジネスを創造する能力はこれからの社会人に必須の能力です。新たなビジネスの創造が世の中を変え、世界を変え、時代を変えます。明星大学経営学部で新たなビジネスを創造する能力を身につけましょう。

ゼミ紹介

活動内容

谷井ゼミは4年次に大学生が参加できるビジネスプラン・コンテストに参加し,優勝することを目指しています(2014年度努力賞受賞,2015年度アイディア賞・努力賞受賞,2016年度努力賞受賞)。3年次の活動はそのための訓練と位置づけています。具体的には個人活動とグループ活動の2つに分かれます。個人活動では年間を通してブレストやマインドマップの訓練を行いながら,簡易なビジネスアイディアをまとめ,ゼミ生全員の前で発表します。グループ活動では産学公連携活動を通して新規事業計画を立案し,提案をします。

ゼミナールのアピールポイント 谷井ゼミの学生は将来,起業家,ショップオーナー,商品開発者(プランナー)になることを目指している学生が揃っています。本気の夢をもった学生たちはどのような活動も真剣に取り組み,議論も常に白熱します。学生が夢を実現できるゼミにしたいと思っています。2014年に卒業した1期生からは夢を叶えた2名の起業家が誕生しました。2017年に卒業した4期生も1名が起業準備に入っています。

ゼミのイベント紹介 春にはゼミに入ってくる3年生を4年生が歓迎する新歓コンパ,夏には前期納会と3・4年合同の夏合宿,冬には卒業する4年生を3年生が送り出す追い出しコンパが恒例イベントです。また,谷井ゼミは産学公連携の実践活動を行うので,毎日がイベントのような状態です。

受験生へのメッセージ 「夢なき者に理想なし,理想なき者に計画なし,計画なき者に実行なし,実行なき者に成功なし。故に夢なき者に成功なし」。これは吉田松陰の名言であり,谷井ゼミの理念です。夢をもっている人は,ぜひ明星大学経営学部へ来て下さい。そして,明星大学経営学部でその夢を実現させましょう。

ゼミ生 4年 田中 和明さんインタビュー

なぜこのゼミを選びましたか 今まで経営学部で学んできた様々な分野の知識が、産学連携などによる実践的な演習を通じてどこまで通用するか、ゼミでの活動を通じて挑戦して見たいと思い、このゼミを選びました。自分が身につけられた知識と足りていない知識が、このゼミなら理解できると考えました。

ゼミを通してどのようなことを学びましたか グループワークを通じて新製品や新規事業などの発想の仕方やビジネスアイデアのプランニングの手法、そのアイデアを人に伝えるために必要なプレゼンテーションの技法などを学び実践することができました。

ゼミの先生はどんな人ですか 常にゼミ生のことを見守って、成長へと導いてくれる先生であると思います。ゼミ生が成長できるような様々なフィールドを先生が用意して、その中でゼミ生が協力しあって成長できるように手を差し伸べてくれています。

ゼミの魅力は何ですか ビジネスの世界で活躍している人と関われる機会があることが魅力であると思います。昨年度はコロナ禍の影響でリモートでのゼミとなりましたが、その中でも社長の方々などのお話を聞くことができる機会がありました。

ゼミで学んだことが就職活動等でどのように活きていますか 普段からプレゼンテーションを行う機会が頻繁にあり、自分の考えを資料などを活用して伝えるという能力が養われました。また、その能力が就職活動のグループディスカッションや面接でそのまま生かすことができて良かったです。

受験生へのメッセージ 大学での学びや経験はこれから社会に出て活躍するにあたってとても重要なものであると思います。より良い大学生活が送れるように今のうちからたくさん悩んで、考えて、自分が納得できる道を見つけて下さい。