明星大学経営学部

TOP > 教員紹介 > 特任教授 田原 洋樹

特任教授 田原 洋樹

Hiroki Tahara

教員一覧

特任教授 田原 洋樹 メールアドレス:hiroki.tahara@meisei-u.ac.jp
@は半角に書き換えてください
オフィスアワー:水曜及び木曜 2限
※要事前アポイント
オリジナルサイトはこちら

専門分野

地域活性、域学連携、人材育成

担当科目

起業実務、経営基礎、ゼミナール、卒業研究

主な担当科目の紹介

起業実務 具体的な起業体験を通じて、企業運営の面白さ、難しさを実感し、実体験に基づく深い企業活動の理解と職業意識を培うことを目指します。また、起業体験を通じて大学で学ぶべきこと、就職、さらなる将来のキャリアをどのようにつくっていくのかのイメージを描けるようにすることを目標とします。


教員からのメッセージ

民間企業(JTB~リクルート)での実務経験を経て、大学教員となりました。「地方創生は人材育成から」という言葉を胸に、地域で活躍したいと願う人々のグローカル人材開発に尽力出来ればと考えております。趣味はマラソン、フルマラソン10回完走! 週末は少年野球のコーチもしています!

ゼミ紹介

活動内容

多摩地域の活性化を目的として、地域ブランド商品の開発や、観光ツアーの造成、商店街の空き店舗活用などを学生主体で考えます。今年度の活動としては、秋川駅周辺のグルメマップの制作、観光まちづくりコンテストへの参加、大手旅行会社と共同で多摩地域の観光ツアーの造成などを予定しています。

ゼミナールのアピールポイント 実践的な地域活性化活動を通して、経営のリアルな学びを習得できます。協力企業様や自治体関係者様とのコミュニケーションを通じて、就職活動で役立つ基礎力が養われます。

ゼミのイベント紹介 ・秋川駅周辺グルメマップ完成プロモーション
・観光まちづくりコンテストプレゼンテーション
・多摩地域観光ツアー造成講座の開催等を計画中です。

受験生へのメッセージ まちづくりに興味がある、観光を実践的に学びたいという人におすすめです。就職活動にも直結する基礎力が身につきます。

ゼミ生 4年 細谷 萌菜さんインタビュー

なぜこのゼミを選びましたか 元々一か月に一度は旅行に行くほどの旅行好きでした。しかし大学生になり、地方では少子高齢化や後継者不足が深刻な状況であることを知りました。この状況をどうにかしたいと思い地方活性化がテーマの田原ゼミを選択しました。

ゼミを通してどのようなことを学びましたか 日本にはその土地土地に素晴らしい文化や魅力があることを体感しました。東京は便利な場所ですが、日本の各地には”便利さ”には代えがたい”豊かさ”が多く存在します。本当の”豊かさ”とはなんなのか考える機会にもなります。

ゼミの先生はどんな人ですか 実のお父さんのような温厚な先生です。ゼミ生とはあだ名で呼び合うような仲で、たまには他愛もない話で盛り上がったりします。しかし一人一人のことをきちんと気にかけてくださり、面談なども積極的に行ってくださいます。

ゼミの魅力は何ですか フィールドワークが多いことです。知らない土地に行くことが好きな人、好奇心が旺盛な人・探究心がある人にはとても良いと思います。様々な地域の人と関わるので繋がりが増える事も魅力の一つです。

ゼミで学んだことが就職活動等でどのように活きていますか 地域の課題を分析し、解決案を提案する力は就職活動の際に自分の強みとして活かすことができます。また近年では地域活性化に力を入れている企業が多いので、先取りして勉強することは大いに役立ちます!

受験生へのメッセージ きっと旅行好きな受験生も多いと思います。しかし私たちはどれほど日本のことを知っているでしょうか。私たちの知らない日本はまだまだ沢山あります。是非とも田原ゼミで日本の魅力を発掘していきましょう!