明星大学経営学部

TOP > 教員紹介 > 准教授 伊藤 智久

准教授 伊藤 智久

Tomohisa Itoh

教員一覧

准教授 伊藤 智久 メールアドレス:t-itoh@mi.meisei-u.ac.jp
@は半角に書き換えてください
オフィスアワー:金曜2限
※要事前メール連絡
オリジナルサイトはこちら

専門分野

ビジネスモデル、アントレプレナーシップ

担当科目

イノベーション実践論、IoTマーケティング、マーケティング・ケーススタディ、マーケティングリサーチ、経営基礎、ゼミナール、卒業研究

主な担当科目の紹介

イノベーション実践論 イノベーションとは、社会や経済に新しい価値をもたらす活動や、その結果のことを指します。本科目では、イノベーションやサービスデザイン、ビジネスモデルに関する理論と実践について学修します。テクノロジーの進歩や経済のグローバル化によって急速に経営環境が変化する現代において、イノベーションのマネジメントは多くの企業に求められる活動です。

IoTマーケティング 本科目では、プラットフォームビジネスについて学修します。ビジネスエコシステムやネットワーク効果などの理論に加えて、プラットフォームビジネスの競争戦略やマーケティングについて事例をふまえて理解します。さらに、グループに分かれて特定のプラットフォームビジネスを対象にした調査を行い、調査結果を発表します。


教員からのメッセージ

教員になる前は、経営コンサルタントとして国内外の企業の経営戦略立案の支援や、経済産業省・総務省・内閣府など中央官庁の調査研究・政策立案の支援をしていました。現在は、大学教員の活動に加え、起業家支援組織の経営や起業家支援プログラムのプロデュースをしています。また、企業の経営顧問やメンターとして経営戦略等のアドバイザリーを行っています。
学生の皆さんの夢やビジョンの探索や実現に向けて、これまでの経験を活かしながら、可能な限り支援します。相談があればメールをください。趣味は、料理とアートです。

ゼミ紹介

活動内容

実践的なプロジェクトを通して、アントレプレナーシップとマーケティングについて学修します。3年次は、(1)事業の企画・開発体験とビジネスプランコンテストへの参加、(2)成長市場の調査研究および研究発表会の運営の2つのプロジェクトに取り組みます。4年次は、卒業研究として研究論文または事業計画書のいずれかを作成します。

ゼミナールのアピールポイント 実践に近い体験を通して学ぶことが、伊藤ゼミの一番のアピールポイントです。体験を通した経験学習を行うことで、知識や技術をより深く、より楽しく身につけることができます。また、学外の魅力的な実務家と関わり合う機会が多いため、たくさんの刺激を受けることができます。

ゼミのイベント紹介 夏休みに合宿を行います。合宿では、ビジネスプランの発表などに加えて、ビブリオバトル(書籍の売り込み合戦)を行っています。夜には学生が企画した楽しいレクリエーションを行っています。
その他に、随時、懇親会などを開催しています。懇親会でも、学生が企画したレクリエーションを行っています。

受験生へのメッセージ 人は、何かに没頭しているときが、もっとも創造的で成長できる時間だと思います。大学の自由な時間を活かして、自分が好きなことに思う存分、没頭してください。好きなことが見つかっていないときは、様々な体験をしてください。明星大学経営学部の豊富な体験教育を通して、自分が没頭できることが見つかると信じています。

ゼミ生 4年 大和 陽那さんインタビュー

なぜこのゼミを選びましたか 伊藤智久先生の授業「イノベーション実践論」を受けたことがきっかけです。授業内で扱っていた概念や事例が面白く、もっと深く知りたいと思いました。また、先生の作成する授業の資料が分かりやすく、学生の理解度を丁寧に確認してくれるので、指導熱心な先生だと思い、選びました。

ゼミを通してどのようなことを学びましたか 書籍の輪読と実践的な市場調査を通して、実証研究に取り組むスキルが身につきました。特にアンケート調査で、概念の変数化や、質問項目への落とし込み、効果的なサンプリングを実践できるようになりました。また、実務家に向けて発表する機会が多かったので、臆することなく話せるようになり、プレゼンテーション力も身につきました。

ゼミの先生はどんな人ですか とても頼もしく信頼できる先生です。学生一人ひとりに真剣に向き合ってくれて、それぞれの目標に合わせたサポートをしてくれます。また、社会人になってからでないと知れないビジネス実務についても教えてくれるので、就活でとても役立ちました。

ゼミの魅力は何ですか 伊藤ゼミには、産学連携による新規事業開発の体験や本格的な市場調査など、体験を通して経営学を学べる実践的な活動があることが魅力です。基礎的な学習と実践的な活動が組み合わされたゼミ活動で、他では体験できないカリキュラムだと思います。

ゼミで学んだことが就職活動等でどのように活きていますか ゼミで実践的な活動に取り組んだため、それをエントリーシートや面接でアピールでき、面接の担当者に興味を持ってもらえました。また、グループディスカッションで自分の意見を堂々と発表できたり、面接で年配の社会人でも緊張せずに話せたのは、ゼミでの体験が活きていると思います。

受験生へのメッセージ 達成したい目標や積極的に学びたいことが無いと、大学の4年間は辛いものになるかもしれません。私は1年生のときに明確な目標がなかったので辛かったのですが、大学の授業を通して学びたいことが見つかりました。経営学部には、魅力的なカリキュラムが数多くあるので、目標や学びたいことがきっと見つかると思います。受験生の皆さん、ぜひ経営学部に学びに来てください。