明星大学経営学部

TOP > 教員紹介 > 特任教授 田原 洋樹

特任教授 田原 洋樹

Hiroki Tahara

教員一覧

特任教授 田原 洋樹 メールアドレス:hiroki.tahara@meisei-u.ac.jp
@は半角に書き換えてください
オフィスアワー:水曜及び木曜 2限
※要事前アポイント
オリジナルサイトはこちら

専門分野

地域活性、域学連携、人材育成

担当科目

起業実務、経営基礎、ゼミナール、卒業研究

主な担当科目の紹介

起業実務 具体的な起業体験を通じて、企業運営の面白さ、難しさを実感し、実体験に基づく深い企業活動の理解と職業意識を培うことを目指します。また、起業体験を通じて大学で学ぶべきこと、就職、さらなる将来のキャリアをどのようにつくっていくのかのイメージを描けるようにすることを目標とします。


教員からのメッセージ

民間企業(JTB~リクルート)での実務経験を経て、大学教員となりました。「地方創生は人材育成から」という言葉を胸に、地域で活躍したいと願う人々のグローカル人材開発に尽力出来ればと考えております。趣味はマラソン、フルマラソン10回完走! 週末は少年野球のコーチもしています!

ゼミ紹介

活動内容

多摩地域の活性化を目的として、地域ブランド商品の開発や、観光ツアーの造成、商店街の空き店舗活用などを学生主体で考えます。今年度の活動としては、秋川駅周辺のグルメマップの制作、観光まちづくりコンテストへの参加、大手旅行会社と共同で多摩地域の観光ツアーの造成などを予定しています。

ゼミナールのアピールポイント 実践的な地域活性化活動を通して、経営のリアルな学びを習得できます。協力企業様や自治体関係者様とのコミュニケーションを通じて、就職活動で役立つ基礎力が養われます。

ゼミのイベント紹介 ・秋川駅周辺グルメマップ完成プロモーション
・観光まちづくりコンテストプレゼンテーション
・多摩地域観光ツアー造成講座の開催等を計画中です。

受験生へのメッセージ まちづくりに興味がある、観光を実践的に学びたいという人におすすめです。就職活動にも直結する基礎力が身につきます。

ゼミ生 4年 小林 和真さんインタビュー

なぜこのゼミを選びましたか 高校時代から趣味で自転車に乗っており、地元である、あきる野市の魅力を肌で感じてきました。大学に入り田原ゼミの紹介文を読み、実践的な学びが多くあり、あきる野市での活動をしている田原ゼミで、「地元を盛り上げたい!」という理由から希望しました。

ゼミを通してどのようなことを学びましたか 日本には様々な観光地や、有名なスポットがありますが、数年前までは過疎化といった問題を抱えていた観光地も多くあります。このような地域がなぜ有名な観光地になったのかなど、現在に至るまでの背景を学ぶことができました。

ゼミの先生はどんな人ですか みんなで楽しく活動することを一番に考えてくれる先生です。時には厳しく指導してくださることもありますが、ゼミ生一人一人の進路相談や、学校生活での悩みを気にかけてくれるような温かい先生です。

ゼミの魅力は何ですか フィールドワークや観光まちづくりコンテストへの参加など、実践的な学びが多くあることです。座学が苦手な私は、様々な地域へ足を運んで、地域の問題や魅力を肌で感じながら学ぶことに魅力を感じています。

ゼミで学んだことが就職活動等でどのように活きていますか ゼミでの学びが「まちおこし」という具体的な分野で明確になっているため、大学では何を専攻しているかという質問に具体的に応えることができます。「私はまちおこしを勉強しています」ということを発信することで、私に興味を持ってくれる人から声をかけてくれることが何度かありました。

受験生へのメッセージ 田原ゼミの活動では、観光まちづくりコンテストへの参加やグルメマップの作成など、自信を持って頑張ったと言える活動が多くあります。大学生活で何かやり遂げたいと思っている方、是非とも田原ゼミで一緒に活動していきましょう!