明星大学経営学部

TOP > TOPICS > お知らせ > 経営学部 安岡ゼミが4大学合同の「戦略コンサルティング大学交流会」に参加し、表彰されました

お知らせ

TOPICS

経営学部 安岡ゼミが4大学合同の「戦略コンサルティング大学交流会」に参加し、表彰されました

2022.9.21

 

 経営学部経営学科の安岡寛道ゼミ(以降、安岡ゼミ)は、「事業戦略の理論と実践の研究 ~戦略なき企業経営に明日はない~」をテーマに、企業における経営企画やコンサルティングに必要なフレームワークなど、実践的な手法を学んでいます。
 その一環として、戦略コンサルタント出身の実務家教員が主催する、第2回「戦略コンサルティング大学交流会」(以降、交流会)に、安岡ゼミの学生2チーム(各6名)が参加しました。今年度は、2022年9月7日(水)、桜美林大学の新宿キャンパスで行われ、半年間の学びの集大成を披露し、両チームともに教員賞が授与され、表彰されました。

交流会の様子

 交流会には、4大学の3年生の総勢56名(および4年生2名)が参加しました。3年生は、明星大学の安岡ゼミでは12名(および4年生2名)、桜美林大学・ビジネスマネジメント学群の岩垂好彦ゼミでは14名、二松学舎大学・国際政治経済学部国際経営学科の小久保欣哉ゼミでは14名、帝京大学・経済学部経営学科の赤木徳顕ゼミでは16名が参加しました。(オンラインZoomでの数名を含みます。)
 今年度の交流会では、「どの分野でも良いので、自分達が行う“新規事業”を提案する」というテーマのもとで検討してきた内容を発表しました。

 明星大学2チーム、桜美林大学2チーム、二松学舎大学3チーム、帝京大学3チームの合計10チームが提案の発表を行いました。各チームが全て異なった具体的に検討した内容を発表し、成果を披露しました。この発表に対して、他大学の教員から歯に衣着せない質問を数多く浴びながらも、学生達は真剣に全て対応しました。

安岡ゼミのゼミ長チームの発表

安岡ゼミの副ゼミ長チームの発表

安岡ゼミの学生達

現地の参加者全員

交流会の結果

 最後に、全体のトップの最優秀賞、次点の優秀賞、4名の教員賞が学生チームに授与されました。特に、安岡ゼミからは2チームともに教員賞が授与され、表彰されました。(安岡ゼミのゼミ長チーム<リーダー:若林一沙さん>が桜美林・岩垂賞、副ゼミ長チーム<リーダー:原一真さん>が二松学舎・小久保賞でした。)
 なお、交流会に参加した学生は、他大学の学生のバラエティに富んだ発表も知り、視野を広げられたと考えられます。また、戦略コンサルタント出身教員の助言のもと、準備段階も含め、フレームワークを活用した論理的思考、コミュニケーション、プレゼンテーション、さらには質疑応答など、近い将来、社会に出てより必要となるスキルも少なからず向上したと考えられます。
 今後もこういった活動を通して、経営学部の学生のあらゆるスキル向上に努めていきたいと考えております。