明星大学経営学部

TOP > 教員紹介 > 特任教授 森屋 一訓

特任教授 森屋 一訓

Kazunori Moriya

教員一覧

特任教授 森屋 一訓 メールアドレス:kazunori.moriya@meisei-u.ac.jp
@は半角に書き換えてください
オフィスアワー:火曜、金曜

専門分野

中小企業経営、事業承継、地域活性化

担当科目

中小企業戦略論、企業家論、経営基礎、ゼミナール、卒業研究

主な担当科目の紹介

中小企業戦略論 本講座はゲストスピーカーの講話を軸に地域産業支援・地域活性化について考える。国、地方自治体、金融機関、NPOなど地域の産業支援と地域活性化に大きな役割を果たしている方々からの講義いただき講義と質疑応答のなかから地域産業支援、地域活性化の枠組みを理解し、地域企業の経営にかかわる課題解決策の修得をはかる

企業家論 本講座はゲストスピーカーの講話を軸に中堅・中小企業の経営について考える。中堅・中小企業の代表者をゲストスピーカーとして招聘し、地域企業の現状と課題、経営の実際について講義をいただく。地域企業の経営者と直接かわす質疑応答のなかから経営学各分野から見た地域企業の課題と課題解決への取組みについて考察する。


教員からのメッセージ

私は地域金融機関で中堅・中小企業の課題について取組んできました。起業、成長戦略、事業承継、M&A、IPOなど企業にはそれぞれのステージで取組むべき課題、対応策もさまざまです。特に中小企業は限られた資源での対応など特有の課題解決策が必要とされます。こうした中小企業特有の経営ついて調査、研究しています。

ゼミ紹介

活動内容

森屋ゼミでは「中小企業」「地域金融機関」「コミュニティビジネス」をキーワードに地域活性化と中小企業活性化の研究や事例について学びます。
地域金融機関の方、コミュニティビジネス・ソーシャルビジネスの事業家の方々と連携し、ものづくり事業の事業化をとおして地域活性化・地域課題の解決、事業化の実現性を考えます。実際に商品を企画し、製造、販売を行う中で事業化と地域活性化の難しさを知り、考えることの必要性を修得していきます。

ゼミナールのアピールポイント 森屋ゼミは地域の課題解決や中小企業について興味を持つ学生にさまざまなフィールドを使って体験し考える機会を提供できるゼミだと考えます。ゼミ生にはさまざまな分野、さまざまな立場で活躍する社会人の方々との交流する機会を提供します。こうした経験をつうじて現実的な起業家、後継者を育てていただきたいと考えます。

ゼミのイベント紹介 ゼミのイベントとしては定番のゼミコンパやゼミ合宿を行います。またいろいろな企業の方々と交流する機会を設けます。コミュニティビジネスの事業者がたくさん集まるコミュニティビジネスシンポジウムへの参加では、地域活性化事業に取り組む社会人と交流を図っていただきます。

受験生へのメッセージ 地域活性化に中小企業や金融機関が果たす役割は大きく、多岐にわたるものがあります。森屋ゼミでは「中小企業」「地域金融機関」「コミュニティビジネス」をキーワードに地域活性化と中小企業活性化の研究や事例について学びます。自分の住まう地域に思いを持つ学生の参加をお待ちしています。

ゼミ生 3年 佐藤 凱斗さんインタビュー

なぜこのゼミを選びましたか 将来、このゼミで学習したことが社会に出た時に役立つと直感的に感じたからです。
また、地域の方と協力して地域活性化について深く考え、様々な経験を積んで自分を成長させることが出来ると思い、森屋ゼミを選びました。

ゼミを通して学びたいことは何ですか 本ゼミでは地域活性化を軸に様々なことを学んでいきます。地域の方と連携して、どうすれば地域の問題を解決できるか、また学生ならではの取り組みを生かして、地域活性化にどう貢献していけるかをゼミ活動を通して学んでいきたいと思っております。

ゼミの魅力は何ですか 製造から販売までをゼミの中で行い、モノづくりを通して地域の方と地域活性化を展開させていきます。実際のビジネスをゼミ内で経験出来る所が魅力的であると思います。

受験生へのメッセージ 経営学部では専門的な知識は勿論ですが、人として大事なことを学べるところであると思います。大学生活はあっという間です。ぜひ、立派な大人を目指して頑張っていきましょう。