明星大学経営学部

TOP > 就職・資格 > 卒業生インタビュー > 武内 寛菜さん

卒業生インタビュー

Interview

憧れのアパレル業界への就職は、学生時代の経験から始まった

2018年3月卒業
武内 寛菜さん
就職先:株式会社アダストリア

印象的な授業またはプログラムを教えてください。

授業では「経営戦略論」と「広告論」がとても印象に残っています。

売れる仕組みやそれを戦略的に考えていくプロセスを理論的に学び、経営学の基礎を築くことができました。

また、1年生の春休み頃からアパレルのアルバイトを始め、販売員として実践することで、授業での学びがより深まり、経営学の面白さを発見できました。

就職活動を振り返ってみていかがですか?

就職先をアパレル業界に絞ってからは、業界への理解をより深めるために、さまざまな店舗に足を運び、実際にスタッフの方にお話を聴くなどして、インターネット検索では感じ取れない現場の様子や、スタッフの方々の生の声を聴くことを心掛けました。

周囲にアパレル業界志望の人がほとんどいなかったため、一人で準備をしてきましたが、エントリーシートの書き方などは不安に思うこともありました。

しかし、「キャリア開発」という授業で、翁理香特任准教授がエントリーシートの書き方などを丁寧に教えてくださったおかげで、不安を乗り越えることができました。

これから明星大学に入ってくる後輩にアドバイスを!

将来、どのような道を進みたいのか、高校生の段階では決めている人の方が少ないと思います。

私はアパレルのアルバイトを始たことで、モノを売ること、お客様と会話することなどにとてもやりがいを感じ、接客業という仕事に興味を持つようになりました。

同時に、経営学部で経営の仕組みを理論的に学んでいたことで、知識と実践が積み重なり、リテールマーケティング検定など販売系の資格の勉強にも取り組むなど、モチベーションが一層上がりました。

学生時代の小さな経験が将来の道につながるかもしれません。

夢を実現させるための学びができる――。それが明星大学の経営学部だと思います。