明星大学経営学部

TOP > 就職・資格 > 卒業生インタビュー > 奥村 真由さん

卒業生インタビュー

Interview

結婚式は人生の一番幸せな瞬間。その魅力を伝えていきます

2018年3月卒業
奥村 真由さん
就職先:株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

印象的な授業またはプログラムを教えてください。

「ビジネスプランニング」では、テーマをもとにグループで事業計画を作成し、企業の方々をお招きしてプレゼンテーションします。

コンテスト形式で、私たちは企業の海外での新規事業として「弁当サービス」を提案しました。

私はプレゼンテーションを担当したのですが、とても緊張しました。

しかし、訴求ポイントを皆さんに理解していただくことを心掛けてプレゼンテーションしたところ、私たちのグループは優勝することができました。

しかも企業の担当の方から、「プレゼンテーションが上手だった」と褒めていただけたことは、とてもうれしく、学生時代の一番の思い出になりました。

就職活動を振り返ってみていかがですか?

高校3年生の時に中学の担任の先生の結婚式に参列し、人生の一番幸せな瞬間に携われるブライダル業界ってステキだなと憧れました。

経営学部に入学し、学園祭で模擬店を出店する授業やアルバイトを通して、やっぱり接客業が向いていると確信。

ブライダル業界への就職を決意しました。

ブライダル業界に詳しい江口貴彦特任教授にいろいろと相談したり、キャリアセンターでは文章力に自信がなかったので履歴書を見ていただいたり、OG訪問できる会社を教えていただいたり、とにかく積極的に活動。

5年後、10年後のビジョンを考える機会があるたびに、私がウェディングプランナーとして働いている姿しか思い浮かばない。

絶対にウェディングプランナーになるんだと、強く思い続けてきました。

これから明星大学に入ってくる後輩にアドバイスを!

入学直後の「フレッシャーズ・キャンプ」でのTシャツ模擬販売、学園祭での模擬店出店、日野市や地元企業への新規事業計画の提案など、1年生から時間をかけて経営学を学んでいきます。

階段を上るように成長を実感できるのが、経営学部の魅力だと思っています。