明星大学経営学部

TOP > 就職・資格 > 卒業生インタビュー > 奥 理絵さん

卒業生インタビュー

Interview

自分に合う仕事は、幅広い視野と現場を見る積極性で発見

2019年3月卒業
奥 理絵さん
就職先:資生堂ジャパン株式会社

印象的な授業またはプログラムを教えてください。

将来は伯父が営む会社を継ぐことを考え、経営学部で経営学から経済系まで幅広く学びたいと進学しました。思い出に残る授業は、1年次の「フレッシャーズキャンプ」です。1泊2日の合宿スタイルで、グループに分かれてTシャツをデザインして模擬販売して売り上げを競うものです。入学直後ということもあり、経営について何も分からない状態でしたが、3年生の先輩方がサポートしてくれ、親身に教えてくださいました。模擬販売では、どのようにしたら売れるのか、価格設定、売り上げなどといった商品の制作から販売までの基礎を実践的に学ぶことができ、経営学をもっと深く知りたいと思うようになりました。

就職活動を振り返ってみていかがですか?

入学当初は伯父の会社を継ぐことだけを考えていたのですが、大学での学びや飲食店でのアルバイトを通して、次第に接客業に興味をもつようになりました。特に「消費者行動論」という授業をきっかけに、常にお客様の先手を読み行動するようになったのです。接客業への希望と、もともと化粧品が好きだったので、化粧品のすばらしさを伝えることができる販売員をやりたいと思うようになりました。伯父に伝えると、最初は反対されましたが、社会で経験を積むことは、将来に役立つだろうと、今では応援してくれています。就職活動では、まず就活サイトを活用して、視野を広げるためにも、業界を絞らずにいろいろな企業のインターンシップや説明会に参加しました。自分がやりたい仕事、自分に合う会社を見極めるには、幅広い視野と現場を見る積極性が必要だと思います。履歴書は自分をしっかりとPRするためにも、キャリアセンターを活用して、アドバイスをいただいていました。面接についても、何度も練習を重ね、本番に備えました。

これから明星大学に入ってくる後輩にアドバイスを!

明星大学の経営学部は、入学した時から学生ではなく、社会人の扱いで接してくださいます。1年次からマナーや社会人としての基本などを教わってきたので、就職活動でも役立ちましたし、社会に出てからもそのありがたみを感じることでしょう。経営学部の男女の比率は7:3くらいで、女性はほぼ顔見知りになります。友人もたくさんできますし、とても充実した大学生活です。