明星大学経営学部

TOP > 就職・資格 > 卒業生インタビュー > 岡本 篤美さん

卒業生インタビュー

Interview

学びのなかから夢が明確になり、実現への糧になるでしょう

2018年3月卒業
岡本 篤美さん
就職先:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

印象的な授業またはプログラムを教えてください。

谷井良教授の「ビジネスプランニング」は、それまで学んできた「市場調査」「マーケティング」「会計」などのすべての知識を活用し、グループで1つのビジネスプランを作り上げていきますが、その過程が非常に面白かったです。

大学生活で自分が学びきれていないことの発見や、グループのメンバーの自分とは異なる思考を持った人との話し合いを通して、自分の知識や考え方の枠が広がる授業でした。

就職活動を振り返ってみていかがですか?

入学当時は、夢が一つに絞り切れず、やりたいことがたくさんありました。

経営学部での4年間の学びを通して、自分は「新しいものを考え出し、ヒトを集めること」がやりたいのだと分かりました。

また、経営学部が独自で行う1年生からの「キャリア開発」は、就職活動でとても役立ちました。

例えば、自分はどのようなことを考えて日々過ごしていたのかをしっかりと見直し、社会人としてその経験をどう活かすか、アピールする点をまとめて友人や家族に聞いてもらい、欠点を補うことを心掛けてきました。

その甲斐あって、就職試験を目前にして焦ったり、何から手をつけるか悩んだりせずに済みました。

これから明星大学に入ってくる後輩にアドバイスを!

4年間はあっという間でしたが、とても濃密で何物にも代えがたい大切な時間だったと思います。

その時間のなかで、先生とのつながり、学生間のつながりが生まれました。公私ともに深く話し合える恩師や友人は、人生の宝物です。

そのような4年間を過ごしてほしいと思います。