明星大学経営学部

TOP > 就職・資格 > 卒業生インタビュー > 粕谷 恵里さん

卒業生インタビュー

Interview

「就勝プロジェクト」で刺激を受けて苦手を克服

2019年3月卒業
粕谷 恵里さん
就職先:株式会社パル

印象的な授業またはプログラムを教えてください。

浅川正彦先生の「観光マーケティング」です。授業を受ける前は、観光は友人や家族とただ楽しんだり、思い出をつくるためのものであると思っていたのですが、観光には旅行会社だけではなく、交通手段やその土地の人びと、観光施設など、多くの人びとが関わり、多くの媒体に支えられている産業であることを深く知りました。受講以降は、観光に対する見方が変わり、また他分野にも通じることですが、いろいろな人びととの関わりで社会が成り立っていることに気づかされ、受講してよかったと思える授業でした。

就職活動を振り返ってみていかがですか?

2年次の終わりごろからキャリアセンターに足を運び、インターンシップに参加したりしました。また、「就勝プロジェクト」に参加しましたが、参加している人は意識が高く刺激を受けました。3年次の後期から大好きな洋服に関われるアパレルでアルバイトを始め、進路は観光業かアパレルかで迷っていましたが、会社説明会に積極的に参加したり、休日を利用してアパレルの実店舗を回るなどして、会社や実店舗の雰囲気、スタッフ間の様子など、現場でないと分からない「感じの良さ」を見極めることに努めました。私は面接が苦手だったのですが、「就勝プロジェクト」の模擬面接などで経験を重ねていくことで、苦手を克服することができ、しっかりと準備することができたと思っています。

これから明星大学に入ってくる後輩にアドバイスを!

経営学部は他学部に比べてマナーに厳しく、当初は「なんで?」と思ったこともありましたが、4年間を過ごしてみて、注意されたことは就活するうえでとても大切なことであるし、社会に出てからは当たり前であるということを学びました。こういった学生たちの将来を見据えた教育をしてくださるのは、凄いことだと思っています。先生方やキャリアセンターのスタッフの方、サポートがとても厚く、4年間の学生生活を頑張れたと思っています。友人もたくさんできて、ゼミも楽しかったし、皆さんにとっても、思い出がいっぱいの学生生活になると思います。